Top > ツヅキカラ

「サイカイ」を選んだときに出るあらすじ。

大学構内

なし(講義中最初から始まる)

尾高の部屋(ファミール天神)

  • 尾高のマンション到着時刻 2008/8/1 15:10

マンション到着、エレベーター直後

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

尾高の住むマンション

ファミール天神にやってきた

主人公は、904号室を

目差し…。

マンション突入後

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

リコから預かった合いカギを

使い、尾高のマンションに

入った主人公は…。

リビング突入後

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

尾高をさがしはじめた矢先、

主人公の来訪を待って

いたかのように子供のような

白い影が現れ…。

(足跡が聞こえた後)

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

尾高を捜し、リビングルームに

入った主人公の耳に

シャワーの水音が響き…。

(バスルーム突入後)

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

バスルームでシャワーを浴びて

いるはずの尾高の姿はそこには

なく、主人公は…。

(二つ目の廊下突入後)

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

尾高のマンション内に響く

呪いのゲームの曲に導かれ、

主人公はもうひとつの

廊下に足を踏み入れた…。

(最奥の部屋突入後)

南都大学に通う主人公は、

同期の友人長沢リコに頼まれ、

彼女の恋人でもある尾高史人を

自宅から学校に連れだすことになった。

呪いのゲームの曲に導かれ、

主人公がたどり着いた

場所は、灯りひとつない

真っ暗な部屋だった…。

地下鉄 南都線 上り快速急行車内

(1号車突入まではなし)

1号車突入後

恋人尾高文人の死によって

放心状態となった長沢リコは

独りあてもなく電車に揺られ

都心の地下をさまよっていた。

しかしそこに配信された呪いの

ゲームは尾高の本心を語り。

リコの耳は聞こえるはずのない

声を聞く。

声の主の姿を求めるリコは…。

4号車突入後

恋人尾高文人の死によって

放心状態となった長沢リコは

独りあてもなく電車に揺られ

都心の地下をさまよっていた。

次々に消えてゆく車両の照明と

繰り返される尾高の呼びかけに

導かれるように、リコは4号車

までやってきたが…。

4号車脱出、5号車突入後

恋人尾高文人の死によって

放心状態となった長沢リコは

独りあてもなく電車に揺られ

都心の地下をさまよっていた。

血色に染まった4号車の堂々

巡りから脱出したリコは再び

尾高の姿を求め…。
 

慈急総合病院

領域横断情報学を専門とする

南都大学の准教授。大山法基に

尾高の死と呪いのゲームの

存在を相談した主人公は

ゲームの配信が、閉鎖された

慈急総合病院からおこなわれて

いたことを知る。

呪いのゲームの痕跡を求め、

主人公は廃病院内を…。

1F奥の通路

(中断ポイントは変わるが、メッセージに変化無し)

資料室突入後

領域横断情報学を専門とする

南都大学の准教授。大山法基に

尾高の死と呪いのゲームの

存在を相談した主人公は

ゲームの配信が、閉鎖された

慈急総合病院からおこなわれて

いたことを知る。

呪いのゲームの犠牲者湯谷紳の

記録を探す主人公は…。

中野ブロードウェイセンター

中野ブロードウェイ到着まではその日の最初から

中野ブロードウェイセンター到着後

尾高に続いてリコまでが死に、

呪いのゲームとの関連が強い

ルグレと化したことで、確実に

主人公は追い詰められていた。

しかし、慈急総合病院跡で得た

湯谷のカルテから中野ブロード

ウェイにあるユタソフトの名を

みつけた主人公は…。

ユタソフト突入後

尾高に続いてリコまでが死に、

呪いのゲームとの関連が強い

ルグレと化したことで、確実に

主人公は追い詰められていた。

ユタソフトまでやってきた

主人公だったが、そこは

文字通り、灯が消えたように

静まり帰っていた…。

ユタソフト脱出後

尾高に続いてリコまでが死に、

呪いのゲームとの関連が強い

ルグレと化したことで、確実に

主人公は追い詰められていた。

真相につながる手がかりを得た

主人公は、迫るルグレを避け、

中野ブロードウェイから

脱出しようとするが…。

生田邸

呪いのゲームは、ユタソフトで

作られていた新作ゲームを基に

していることが判明した。

そのゲームのディレクター

生田潮の目差していたものを

明らかにすることが、呪いの

謎に近づく唯一の道だった。

主人公は社員名簿から

生田の自宅住所を調べ…。

生田邸突入後

呪いのゲームは、ユタソフトで

作られていた新作ゲームを基に

していることが判明した。

そのゲームのディレクター

生田潮の目差していたものを

明らかにすることが、呪いの

謎に近づく唯一の道だった。

生田の自宅に無断で侵入した

主人公は生田を捜し…。

子供部屋で写真を見た後

(中断ポイントは変わるが、メッセージに変化無し)

生田を発見しゲーム終了後

生田の自宅の子供部屋で、

押し入れに潜んでいた生田を

見つけた主人公は、

配信されてきた呪いのゲームで、

そこで起きたと思われる事件を

追体験する。

そして気づくと…。

ミサキホテル 旧道

4年前、生田家では妻の朋花が

湯谷に惨殺されるという事件が

起きていた。

一人娘のあさひは偶然外出して

いたため難を逃れたが、現在は

行方不明になっている。

生田から手に入れた絵日記を

手がかりに、主人公は

ミサキホテルへ向かい…。

トンネル通過後

(中断ポイントは変わるが、メッセージに変化無し)

立ち入り禁止と書かれた金網通過後

(中断ポイントは変わるが、メッセージに変化無し)

ミサキホテル

4年前、生田家では妻の朋花が

湯谷に惨殺されるという事件が

起きていた。

一人娘のあさひは偶然外出して

いたため難を逃れたが、現在は

行方不明になっている。

廃墟となったミサキホテルで

ただひとり、生田あさひを捜す

主人公は…。

3F到着後

(中断ポイントは変わるが、メッセージに変化無し)

ホテル脱出後

4年前、生田家では妻の朋花が

湯谷に惨殺されるという事件が

起きていた。

一人娘のあさひは偶然外出して

いたため難を逃れたが、その後

家出し、ミサキホテルで孤独な

死を迎えていた。

しかし主人公によって

発見されたあさひは消え…。

出口の金網直前

4年前、生田家では妻の朋花が

湯谷に惨殺されるという事件が

起きていた。

一人娘のあさひは偶然外出して

いたため難を逃れたが、その後

家出し、ミサキホテルで孤独な

死を迎えていた。

駆けつけた大山と合流し

帰途につこうとする主人公…。

灯台

 
たった一人の理解者・大山が

ルグレと化し、主人公に

襲いかかってきた。

からくも逃れた主人公は

しかし孤立無援となり、自分の

力だけで呪いのゲームの真相に

向かわなければならなかった。

この七支崎のどこかで待つ

あさひを相手に…。

灯台であさひの身投げ後、階段に戻った所

ルグレとなった大山から逃れた

主人公は孤立無援のまま

七支崎灯台までやってきた。

幾度となく行く手をさえぎる

あさひの影を振り払い、

主人公は進む。

助かる確証は一切なかったが、

あさひの呪いを止めうるすべは

この岬にのみ残されていた…。

灯台を出た所

(中断ポイントは変わるが、メッセージに変化無し)

※最後の中継ポイント


広告に関するプライバシーポリシー

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 30 Jul 2013 20:05:22 HAST (2297d)