Top > ナナシノコネタ

画面の端っこに仕込まれたさりげないナナシノネタをアツメル・・・
ある意味究極のネタバレ集

イントロダクション

  • コインロッカーに捨てられた赤ちゃんが母親に復讐する話
    →村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」?

南都大学

  • 講義中の雑音は、チョークの音と声の多重重ね合わせ(「みぎにでたとこ」と聞こえる)
  • 講堂の天井には投影式のプロジェクター、黒板は可動式
  • リコは、主人公が男だと「私とつきあっちゃう?」とモーションかけてきて、直後「バッカ、冗談よ」と豹変するデレツン
  • 掲示板にに構内の地図と構内禁煙の張り紙
  • BGMは強風の音、鳥の声と蝉の声
  • 南都大学は四階建てだが、中央に大きな時計塔らしきものがある。講堂は二階建て
  • 扉に「冷房入ってます」の張り紙が貼ってある

ファミール天神

  • BGMは風の音と工事の音
  • ファミール天神は尾高の部屋がある9Fが最上階
  • ちなみに、ファミール天神は福岡に実在する。ただし、高級マンションではなくウイークリー・マンスリーマンション。劇中ではオダカが住んでいる904号室も売り出し中だ。
  • エレベーターを降りた直後に振り替えると、階数表示が下に下がっていく
  • 901住人・・・朝沫
  • 902住人・・・倉坂
  • 903住人・・・Clive
  • 904住人・・・尾高
  • 904の入り口から見える隣の棟らしきものは、904と繋がっている同じ部屋
  • 太陽の位置から尾高の部屋は入り口が東向き
  • 部屋の前に柵があるのは尾高の部屋だけ
  • インターホンは近づけば近づくほど音が下がっていく
  • ドアを開けるときは、オダカの貼ったガムテープを剥がす音がする。

尾高の部屋

  • 部屋に入ったときのBGMは空調の音と、蛍光灯の点滅音(※ドアに人影が見えると消える)
  • きっちりドアレンズにも目張りがしてある
  • こんなにガムテープを使っているのに、不思議とガムテープのロールは見つからない。
  • 尾高の靴は全部で3足
  • 鍵のかかっている扉は、開けようとしたあとノックする
  • 液晶TVはスイッチで消さなくても画面のどこかを触るだけで消える
  • 台所のゴミ袋は原因不明でカサカサ
  • 机の上に置いてあるタバコの銘柄はラッキーストライク?
  • キッチンのラーメンはカップヌードルシーフードとカップスター
    • 奥のカップからは○○○○が無限に出てくる
  • 冷蔵庫に白い人影の形をしたマグネットが貼ってある
  • 「魔よけの聖水 2リットル 1ダース10万円 5ダース注文 8月1日配達」のメモ
  • 寝室の絵は見る度に・・・
  • 尾高は抱き枕派。抱き枕といってもえっちな女の子は描かれていない。
  • 洗面台にハサミと血の跡
  • 浴室の鏡に・・・洗面台の鏡も頑張ればなにか見えなくもない
  • 二本目の廊下に行く直前でインターホンが鳴る(戻っても何もない)
  • 尾高は白と青の服しか持っていない
  • 鏡はタッチしなくても割れる
  • プロジェクターに映っているのは山の影?少なくとも建物ではない
  • 真っ暗な部屋にある絵は二種類、女の子の絵と、灯台の絵
  • 尾高の体は懐中電灯が無い状態でも光っている
  • 尾高の体から放射線状に水の流れた跡が・・・
  • ロフトへのはしごは、足をかけると自動的に登る
  • ロフトに登ったら、二度と降りることは出来ない
  • 尾高のTSは発見されたときも電源がついたまま(これが暗闇で光っていた原因)
  • リコが部屋に入るときは、段ボールを剥がしたようなベリベリという音がする(リコは懐中電灯を持っていないため)

南都線

  • 南都線の車両には最初、最低8人は乗っている
  • BGMは車内の音(ジョイント音と冷房装置?)
  • 窓に流れるのはトンネル内の電灯。(地下鉄である事と、明かりが規則的に配置されている事からすると)
  • 電車は不灯火で走っている。(乗務員室から前方を見るとトンネル内の電灯しか見えない)
  • この電車は6両編成。
  • 女性専用車両はない様子。
  • 通常の座席は茶色、優先席は青。4号車の優先席にはなぜかつり革がない。
    • つり革は三角形のタイプ
    • 座席端の仕切り板は木目調の小ぶりなもの
  • 車内の化粧板(壁)は淡いクリーム色、床は淡い灰色
  • 車両の側面窓配置は2'D'22'D'22'D'2('D'=両開きタイプのドア、数字=窓の分割数)
    • 戸袋窓(戸袋に付いている小ぶりな窓)は無い
    • 窓は下降タイプ。各ドア間の窓は2分割のものが2つ
      • これはJR九州や関東鉄道の新型ディーゼルカーとほぼ同じ
  • 車椅子スペースもしっかりと確保されている
  • 天井の空調装置は冷房吹出し口のみ
    • 扇風機やラインデリア(横長タイプの送風機)は無し。夏のラッシュは厳しそうだ
    • 冷房装置は分散式(小型のクーラーを複数積むタイプ)と思われる
  • ドアの窓は隅が丸まっていない(京王線の電車や中央快速線の新型車に似ている)
  • 3号車のチラシの種類
    • 小チラシ
      • 人材派遣、紅茶ペットボトル、携帯使用禁止、手を挟まれないよう注意、優先席。南都大学、缶ビール?、携帯電話、お酒?
    • 中吊り広告
      • 週刊マダム、貴婦人○○、不明チラシ1、不明週刊誌1(年収という字が読める)、FINAL SALE、不明雑誌、BEAUTY、不明女性雑誌1
    • 窓の上の広告
      • 玉露茶、ビタミンレモン系ペットボトル、南都大学、納涼祭、整形外科?、冬ソナ風映画?、缶ビール、仁侠もの?、路線図(東京都路線図に似ているがやや西寄り)
  • 2号車のチラシの種類
    • 小チラシは3号車と一緒
    • 中吊り広告
      • 7/20-25のSUPER SUMMER SALE、東洋経済?、不明チラシ2、YOUNG STEP(漫画雑誌)、モノ系雑誌、クリアランスセール
    • 窓の上の広告
      • 資格試験、化粧品、レジャー情報、不明チラシ3、就職フェア、マンション販売
  • 1号車のチラシの種類
    • 3号車と一緒
  • 停電と同時にチラシがちぎれる
  • 停電後車両間の扉に手形らしき形の白い跡
  • 4号車突入後、中吊りと窓の上の広告はちぎれた状態で赤くなるが、小チラシだけはちぎれるだけで赤くならない
  • 4号車最後部には車いす用の座席のないスペースがある
  • リコがループに気づくのは4号車を4回ループした後
  • 4号車脱出のエフェクトは、ゲーム後半で主人公がステージクリアする時と同じ。しかしリコの悲劇は終わらない
  • 5号車のドアの戸袋には血糊がついているように見えるが、グラフィック上の問題?
  • 5号車から尾高の後ろ姿は、見えた後に後ずさっても消えない
  • 5号車の尾高出現後にTSを開くとややノイズが出る
  • 6号車に入ってTSを開くと、めちゃめちゃノイズが入る(尾高がいるため)
  • 尾高が出現する場所には、4号車を脱出するときの花が一輪だけもぎ取られたかのように床に描かれている
  • 花の場所まで後ろ向きに歩いていっても、横を向いて避けようとしても、リコは前を向いてしまう
  • リコが倒れた後には、血のように赤いDSが

慈急総合病院

受付

  • おずおずと進むと大山からTSにメール
  • BGMは時計の音と空調の音。誰も料金を払っていない電気が絶好調で稼働中。
    • 時計の音は3Dサウンド。左右に振れるのはもちろん、自分が真後ろを向くと小さく聞こえる。
    • 受付付近に近づくと、空調の音とは違う種類の風の音がゴウゴウと大きく聞こえる。これはあとで通路を歩くときの音。
  • 時計は1:45で止まっている。
  • 入ってきたばかりの入り口の扉が開かない。
  • 待ち合わせの椅子の横を通り過ぎるととロッカーが崩れる。通路を視界の外で音も小さいので回り込むと余り恐くない。ロッカーの背面には板がなく中身丸見え。
  • 天井には何故か洋館風のシャンデリア
  • 張り紙の所で後ろを向くと天井の梁にルグレっぽい染みあり。

受付の雰囲気もの集

  • 倒れた扇風機、、緑色の公衆電話、消化器、公衆電話、レジ、棚、書類ケース、トレイ、丸い小型のゴミ箱(中にはなにもない)
  • 待ち合い用の椅子(背もたれなしは青、ありは朱色。基本通り抜け可能。主人公はまたいでいると思われる。入って左手のベンチのみ乗り越え不可。
  • 男の子のポスター・・・「マスクで風邪の予防」「風邪に負けないぞ」しかし何故か血の跡が・・・
  • 女の子のポスター・・・「歯を磨こう」横になにかのスイッチ
  • 受付の文字は「外来受付」「会計」
  • 真ん中の張り紙は「診療案内」か「診察案内」。内科・外科・皮膚科・消化器科などの一覧が書かれているものと見られる・横の小さな文字は、窓口番号かなにか?
  • 倒れたスタンド
  • 左手に、男の子二人が写真で、また医者と患者がイラストで描かれているポスターあり。どちらも「予防」の文字が見て取れる。右側は下部に「予防接種を受けましょう」

診察室までの通路

  • 窓の閉じた小窓付近を通り抜けると、小窓が閉まる。-小窓の横にはタイムカードと行き先ホワイトボード
  • 左の半開きのドアは、一定距離近づくと閉じる(立ち止まっていても)
  • 足下の蛍光灯の反射は油断しているとルグレに見えてくるが口がないので大丈夫。
  • ポスターはフェイスギアをつけているっぽく見える男性のポスター「ストップドラッグ」、
  • もう一枚の子供の写真のポスターは「子供の風邪は○○○○」と読める。

診察室

  • BGMが冷蔵庫の音のような密室感のある音
  • 染みのある事務机と椅子、診察台、胸部レントゲン写真、
  • もう一台の事務机には誰のものかわからないカルテ
  • 手術台の上には血のあと。なぜか工という文字を横に長くしたような形をしている。どちら向きでも頭を乗せる部分に奇妙な切り込みあり。
  • ライト、レトロなメーターのついた機器の後ろの柱は何故か真っ赤
  • 機器制御用の独自仕様とおぼしきコンピュータ。キーボードやトラックボールの他に、スライド式スイッチもある
  • 診察室出口は引き戸

奥の通路(ナースステーション)

  • 奥の通路から蛍光灯は一本に。ますます重苦しい雰囲気に・・・
  • その代わり洋館風のサイドランプがくわわり通路を飾る
  • 診察室に戻ろうとするときは、反対向きなのでちゃんとドアが奥に開く押し戸になる。効果音も変わり、通路から入る側は通路に響くエコーがついている
  • 主人公は手が長いのか、左手にある積み上げられた3個のテーブルの長辺越しにドアノブを試す事が出来る
  • カウンターの上の文字は「ナースステーション」。
  • カウンターの上には、カルテリスト、四年経っても色彩を失わないキク科の花、注射器、針の折れた使用済み注射器、簡単な医学書のようなもの
  • 奥にはロッカーやナースの当番表、カルテ棚など
  • カウンターを見ている間はまだTSにノイズなし。
  • カウンターを通り過ぎるとTSに配信&ノイズ発生
    • もしかするとルグレは少数で毎回主人公の居場所にあわせて毎回こまめ楽屋裏を移動させられているのかも
  • ルグレ登場時、本を蹴る音(若干音が軽いので缶を蹴ったように聞こえる)。主人公もここにはリアクションする。
  • 電車の時と違い、主人公の視点は変わらないので、ちゃんと見える角度で後ずさると、本がぶっ飛んでくる所を目撃することが出来る。
  • 本が視界の外の時はそこではっと下の本を注目するが、視界内にあったときでももう一度そこではじめて気がついたかのように注目する(笑)
  • ルグレ登場直後すぐにTSの画面に切り替えると、ルグレのはいずる音や呼気がTS画面に混ざる
  • はい出てきたルグレの横を通って戻る事は出来ない。足を捕まれた後?超速度で跳ね起きてゲエムオーバー。
  • ルグレは一定距離離れると向こう側の景色が透けて見える?
  • 一度階段部屋まで戻るとルグレはいなくなっている。ちゃんと本も片付けて元通りにしている(笑)

階段部屋

  • 切れたチェーンには、ご丁寧に赤い文字で「立ち入り禁止」
  • リネン用の洗濯かごのようなものあり
  • 階段が10段ある場合、主人公は五歩で上る。常に一段飛ばしっ子?
  • 鎖が切れる蛍光灯は、時計の振り子のようにいつまでも止まらずに揺れている。
    • 部屋を出て戻ってきても揺れている。ずっと見てると蛍光灯が生きて波打ってるみたい

2F廊下

  • 廊下のサイドランプの色は緑色に
  • 床に空いた穴までは近づけない。穴には鉄骨がむき出しになっている部分がある
  • 廃院4年程度で鉄筋建築物の床が抜けるとは、余程の欠陥設計であった事がうかがえる。

2Fトイレ

  • BGMは止まらない水道の音がちょろちょろ。微かに空調
  • 水道の上の鏡にはルグレっぽい3つの穴がある顔?
  • 左手の3番目のガムテープのないトイレの上には、輪にくくったロープが揺れ・・・
  • 男子用小便器とカーテンの間には入れる
  • 流し台の上には血の入ったボウルとトレイ
  • ここの流しの水も出続けている

鉄格子の部屋

  • この鉄格子は所謂隔離のためのもの。ロケハンにある茨城廃病院2件のリンクを参照のこと。
  • 介護ベッドは手すりがいちいち赤い
  • カーテンに隠れ気味の平ベッドには、患者を拘束しておくための鎖が巻き付けられていて、このベッドのみベッドの上が血まみれ。

育児室

  • 廊下を抜けてドアを入ると育児室。いきなり赤い手形がお出迎え。でもよく見ると、4つの手形が一セットになった同じパターンのコピペ。
  • BGMは赤ちゃんの泣き声。仕切りのカーテンを開けると泣きやむ。
  • 仕切りカーテンを開けたところにある手形は、直前の手形の左右反転
  • 二つある保育器のどちらを選んでも「声がしたのに赤ちゃんがいない」と主人公がコメントする

ルグレの出る通路

  • 全体的に壁が赤くなる
  • BGMは流れる感じの風の音、しかし時間とともに強風になってくる
  • 左手の行き止まりは、左の廊下が見えるはずが、真っ暗。
  • ストレッチャーのあたりまで行くと、姿が見えなくてもルグレはすでに近づきはじめている
  • 女主人公が誤ってルグレの方に向かっていこうとしたときは「こっちに向かってくる・・・!」などと喋る。男主人公の場合は「ここにも…!?」みたいなことを言う。
  • 壊したTSをよく観察すると、十字キーのかわりにPSPのようなアナログパッドと、3つのボタンを供えているように見える
  • TSを壊した後に SELECT を押しても何も出ない
  • 新しいは同じ型のようだが、このときに呼び出しイルミネーションが赤色とわかる
  • 電話ははじめて横を通り過ぎようとしたときに鳴る。ルグレに早めに気づいて引き返したときは後で鳴る
  • 主人公は「電話のケーブルは切れているのに」と言っているがその切れているケーブルが見えない
  • 電話ある場所の後から照明は再び黄色に
  • 正面の手術室に近づくと「手術中」のランプが点滅するのにあわせてガーガーブーブーと音がする

手術室

  • 手術室に入ると大山からメールが来るが、このメールを読まずには先だけではなく、元来た道にも戻ることが出来ない
  • 手術室まで行くと、先ほど壊したTSは片付けられている
  • 手術室に入った直後は、患者が生きていることを示すように心電図が脈打っている
  • 手術台に近づくと、電気がガチャン、という音とともにつき、心電図はフラットになってしまう
  • 手術室の中に入っても「手術中」ランプのフリッカーノイズは聞こえる
  • 手術大の下には進入禁止の交通標識のようなモノが見えるが、血だまりの中の手紙にも見える
  • 他の台の上には注射器、銀のトレイ、薬品、缶など

手術室の奥の真っ赤な部屋

  • 片肘の歯医者の椅子のようなものがある
  • 近づくと掃除機のような音がし、椅子がふるえる
  • そのまま歯医者の椅子か、あるいは旧式の分娩台なのかもしれない。もしそうだとすると、この真っ赤な部屋は分娩室。

螺旋階段

  • ここにも洋館風の照明が
  • 螺旋階段だがここも20段

標本室

  • BGMは空調と、何かのはいずる音
  • はいずる音は、金網の中に厳重に保管されたビンの方からのみ聞こえてくる

ストレッチャーの通路

  • 見慣れた黄色の照明が続くが、あのストレッチャーのある通路では壁が急に紅く・・・
  • ストレッチャーは壁の端を歩いていてもこちらの方に一瞬気づいたかのように向きを変え、そこから一定方向にまっすぐ進んでくる

洗浄室

  • 浴室のように見えるが、壁に掛けられた白衣や壁の血などから、通常の浴室ではなく何かを洗う部屋のように見受けられる
  • ここの蛇口も止まらないが、水が止まらないのではなく何故か赤い液体が滴り続けている
  • ボウルのなかも赤黒い
  • 壁に掛かっているのは血管のような赤いホース
  • 浴室の横の幅には入れるがおそらくここはあとのためのトラップ?

天井の低い通路

  • 1Fのハズが急に天井の低い通路に金網が。
  • 落ちてくるルグレの方を向いて進むと、ミエナイモオドのようにルグレが突然現れる
  • 一度落ちてきたルグレは、前には金網の範囲までめいっぱい進めるが、左右には動けない。また、後半1/5くらいのエリアには後退できない(主人公がうまく誘導できればもうちょっと後退する)
  • ここのルグレは靴下をはいているように見える(ルグレは通常全員裸足?)
  • 手の下に金網がなくても、エアー腕立ての出来るスゴイやつ。
  • 金網を抜けると、頭上にレトロな裸電球が
  • 次の所に行くまでの通路は落書きのように血まみれ。ドアが汚れているのもここくらい。

遺体安置所

  • なにかが入っていそうな袋がたくさんある
  • しばらく進むと横の金網の向こうから赤いルグレが出てきて金網にヘッドバッド
  • 袋の数は4つ。あの会社の行方不明者の数と奇しくも同じ?
  • しかし、扉を開けたところには、ガサガサと動くイキのいい「袋」が・・・(一回だけ、調べられない)

霊安室

  • ここのBGMも風の音が徐々に強くなる
  • 寝ているルグレは軽く一度ヘッドバンキングした後、左から降りて右回りに入ってきた扉に向かってくる
  • ルグレが寝ている状態で前の通路に戻っても、まだルグレはいない
  • 資料室側のドアは最初は空かない
  • 扉を開けたルグレは下を向いており、特に向かってくる気配はない
  • 戒名は読めない
  • ろうそくの炎は揺れていない
  • 緑色の壁にほのかに赤が混じっている

資料室までの通路

  • 車いすに特にしかけはない
  • 蛍光灯ここで初めて横向きになる

資料室

  • 机の上は朱色や黒で塗りたくられている
  • 資料室の中で調べられるのは白っぽい本か書類
  • カルテではないものを選んでいくとそれぞれすべて主人公の異なるつぶやきが聞ける
  • 主人公が湯谷にカルテと間違えるのは、よりによって「湯川」。

リコによる追撃

  • リコは、登録した名前で呼んでくる
  • リコ追撃モードにはいると、カルテの類は調べられない
  • BGMは緊迫モード、他はリコの声と呼気、足音だけになり、各部屋での特徴的なBGMはなくなる
  • 走らなくても逃げ切れる

中野ブロードウェイセンター

  • 突入時の写真は(○○口方面)←詳しい方教えてください
  • まだ月曜日の21:00だというのに、ほぼ誰もいない

1F

  • BGMは喚起の音、天井エアコンの近くに行くと、空調の音が大きく聞こえる。足跡もよく響く。
  • 入ってすぐ、左を振り替えるとガチャガチャが。
  • 真後ろは引き戸扉。一応開けようとすることも出来るが、もちろん開けられない。
  • 閉まりかけシャッターの下から除くのは、段ボールやコスプレ用品
  • 少し進むと二階のガラスが割れる。※インフォメーションのガラスが割れたわけではない
  • 二階を見上げると、窓ガラスすべてにひびが入っている。インフォメーション近くのガラス窓はさっき割れたためにかなり損傷が激しい。天井には赤い梁。
  • 中野ブロードウェイ公式サイトのマップと比べると、かなりレイアウトは違うもよう
  • 追い出しシャッターは、右ルートを進んでも左ルートを進んでも同時に閉まる。後ろ向きに歩くと観察できる。
  • 左ルート突き当たりの棚には、プラモデル、ミラーボール?、ルグレをかわいくしたような人形×5が置いてある
  • R1を見上げられるエリアのガラス窓は割れていない。天井は緑。
  • 出窓の手すりは唐草型と凸型の2種類
  • 通路の下の店舗の半開きシャッターからは小さめのフィギュアショーケースが見える
  • この辺りで大山からメール
  • 正面のルグレはエスカレーターに近づくと近辺にテレポート?
  • エレベーターの正面、歩いて来て右側に逃げると、段ボールに阻まれゲエムオーバー
  • その行き止まりの壁に書かれているのは「中野ブロードウェイ商店街振興組合事務局」?
  • 主人公は南口から入って北口に出る感じだとすると、エスカレーター付近の位置関係は公式の地図とかなり近い。但し手洗いやエレベーターはない
  • エスカレータ正面には赤地に白文字で Information だが実際の店舗は VIV(ブティック・婦人用品)?
  • エスカレーターに乗らず、B1Fエスカレータのある方向に通路を進むことも出来る。空かないが、二カ所のドアを開けようとすることが出来る
  • エスカレーター前右手の壁には、オレンジ地に白で nakano broadway、2F3F4Fと書かれている
  • 1と書かれた柱には、ぼけていて見えないがフロアマップ、上の梁には↑2F、↓B1Fと書かれている
  • 実際のエスカレータは3F行きで逆向き?
  • エスカレータは後ろ向きには向かない。前を向くと上りはじめる。
  • エスカレーターの段数は18段くらい?

2F

  • 実際は中二階にあたるR1F?
  • エスカレータに向かっていっても降りられない。走っても無駄。
  • 降りてすぐ大山からメール。ユタソフトのアポは22時ちょうどだという。ほかにも遅刻するなとかうざい。
  • 2Fから店舗の入り口天井看板が見られ、色とりどりで一枚ずつ色が違う。四枚目は赤枠にケーキの形?
  • そのはす向かいにはトレーディングカードのショーケース。右上のみ空き枠がある。
  • 曲がってすぐ右手に黄色ルグレ。呼吸音がしていないのでで気づきにくい。右わきを抜けて後ろ手にあるガチャガチャをじっくり見ようとするとハグされる
  • ガチャガチャの種類は昭和仮面ライダー?
  • 通路を右手に進むと段ボールがあり進めない
  • 左手に進んで半開き(向こう側が暗い)のシャッターを開けると、赤ルグレがおいでおいでと手招き。
  • 出てきて入ってきた方の開き戸シャッターを見ると、ぴったり閉まっている
  • 向こう側が明るい方の開き戸シャッターを開けると、緑の公衆電話。出窓の格子が一組無くなっている?こちらも出てくると主人公がぴったり閉めている。
  • 開き戸シャッターから出てくると、黄色ルグレは消える
  • エスカレータの方まで進むと、再び黄色ルグレがシャッターの下からはい出てくる。
  • 実は歩くよりもかなりの早さで近づいてくる。
  • 引き戸シャッターまで逃げ込むと消えるが、最初のエスカレーターの場所まで逃げても助かる
  • エスカレータ周辺の案内は1Fとほぼ同じ。裏をすり抜けて段ボールの裏側に進むことも出来る。エスカレーター横はシースルーのガラスあり
  • エスカレーター裏通路や段ボールの隙間などにも多少入れる。病院での恐怖体験やリコ追撃で主人公は相当やつれた?

3F

  • 上がってすぐの正面は「変や」。おそらく「まんだらけ変や」。実際の店舗では4Fの階段正面にあるもよう。
  • 他のシャッターにはほぼ「MANDARAKE」。
  • ゲームセンターのモデルは家事のロワイヤル?、近づくと画面が付き、ノイズ音がする
  • ゲームセンターの筐体はセガ製のアストロシティシリーズ?
  • 写っているのはヴァルナ×1、フレイヤ×2(一応この先に配信される場面のネタバレ画面は無いもよう)
  • 角の黄色い棚には、書籍や全巻揃ってる系のコミックが飾られている
  • 正面のルグレ近辺のシャッターは「まんだらけカード館」。後ろに回り込んでも同じ。
  • 灯りが付いているのはまんだらけ本店?この店の前にあるケースは黄色だが、先ほどのケースとは中身が違う
  • 本の詰まった棚の横にはMANDARAKEの文字
  • 置いてある段ボールにはまんだらけ印。送り先らしきラベルも見える
  • 本店上部に立体的に飾られている本は5種類くらい。読めるのは「SKR」「FOFA」などと見える

3Fまんだらけ店内

  • 店内の照明はレールに吊られている
  • 歩く音は絨毯の上のようなぼそぼそという音
  • 外に出ると黄色ルグレは消えている
  • 入ってすぐ右側の本棚の横は通り抜けられる。やはり主人公激ヤセ。
  • カウンターの横に張り紙。買取か求人か?
  • 少し進むと初音ミクの歌うまんだらけの歌が。入り口にはルグレが来ないので戻ってゆっくり聞ける
    • スタッフロールをよく観察するとクリプトンのクレジットが。やはり"本物"が使われている可能性がある
  • 鳴り出すと一度外に出ても、入った瞬間に鳴り出すようになる。出口から入っても同じ
  • 棚卸し中なのか、空いている棚がたくさんある
  • 相変わらずカウンターには入らないので店員としては働けない主人公だが、カウンター横のスペースではルグレをかわすことが出来る

3F Part2

  • まんだらけ出たところで大山からメール。このあたりのメールの内容は後々全く役に立たない。
  • 出たところの正面の看板の脇には「あなたの大好きなマンガ・TOY!どこよりも安く買い取ります」と書かれている
  • 出たところの左は「まんだらけSPECIAL」正面には「←4F商店街→」と書かれた標識と、21:39分頃をさして止まっている時計(TSの時間と同じ)
  • 天井は何故か青空のような青に、雲のような白が混じっている。
  • 3F出口付近の黄色いケースはレコードジャケット風?もう一つのケースには「ふたりはプリキュア」のキュアホワイトっぽい絵柄?
  • 清掃中のトイレには入れない。「しばらくお待ち下さい」と書かれているが、誰か清掃中なのだろうか・・・
  • 出口付近には ↑4F ↓2F と書かれているが、2F側は防火シャッターが閉まっている上にルグレが待ちかまえている
  • しかし、ここは後ろに回り込んでドアを開けようとすることが可能。もちろん開かないが。
  • 階段はやはりここも10段×2。4Fの侵入口は開いている防火シャッター。

4F

  • 4Fに突入すると防火シャッターがモーター音と共に閉まる。開けようとしても開かない旨を主人公が「さっきは開いたのに・・・」という感じのちょっと違うメッセージで述べる
  • 左手の自販機は、コーラ、お茶、缶コーヒー類?
  • ベンチの隅とベンチの下に空き缶が転がっているが、いずれも自販機で売られているガラではなさそうだ
  • ゴミ箱には何か書かれているが読めない
  • この階には赤い絨毯のような一本線のラインが書かれている
  • 黄色いルグレをかわして少し歩くと右手から犬と猫の鳴き声
  • 中野ブロードウェイには「キャッテリー・ブリヂストン」というペットショップがあるが、猫専門で3Fに所在らしい。
  • 鳴き声はやまないが、高さを変えて何度も再生されるためバリエーションが豊富に感じる
  • 角のまんだらけには張り紙三枚
  • グレイの横にはゲーム内には数少ない自動扉が。しかし開かないし、開けようとすることもできない
  • 赤いラインが終わるところで、正面シャッター内部から衝撃。手形がどんどん浮かぶ?
  • 後ろ向きだとやや音が小さいので、恐くない
  • 青いラインエリアにいるユタソフト直前の黄色ルグレを見たあとでも、赤いラインエリアにいるルグレは消えない
  • 4F非常口は開かない。エレベーターはあらかじめB2Fに止まっているので、実はちょっとしたヒント。
  • UTA・SOFTの看板は、子供の落書きのようなもの汚されている。ドアの方は汚れていない。

ユタソフト

  • 入り口は両開きの自動ドア
  • この場所は実際はまんだらけの事務所で、内部レイアウトも同じらしい
  • 入って足下に電話の子機か Wii コントローラのようなもの、右手にはゲーム筐体(ノロイノゲエムは実はアーケード展開も考えていた???)
  • 机の上にはディスプレイ、とキーボード、ワイヤレスマウス、床下にPC、近づくと画面がブレながらノロイノゲエム。街のマップはおそらくフレイヤ。
  • 音は横を向くとドップラー効果ばりに低くなる
  • 窓側にあるとおぼしきブラインドはぐしゃぐしゃ、奥のブラインドは床に落ちたりもしている
  • デバッグモードでスタッフロールで名前の頭で~ユルサナイ~の前に~オマエモ~と確認できる。その後、大山からメールが届くが、その状態でTSを閉じずにゲエムを開くと、微量のノイズ。入り口までルグレが来ている証拠か?
  • 大山からのメールを読んでしばらく進むと、蛍光灯がフラッシュして沢村ルグレ入場。以後グローランプがうなり続ける
  • ユタソフトでは自動ドアが開く音がするが、実際にはドアは開かず、ルグレはドアを突き抜けてくる
  • ロッカーがいくつかあるが、壊れていたり宇側面がボコボコ、椅子も倒れている
  • 名簿のある机の上には「プレイ開発①」と書かれた仕様書が。赤枠の中に「○○○○と言う無かれ」などといった文字が読み取れる
  • 全チラシ(壁にはられているもの以外は、色つきのものをあたるのが早い)
    • 退職願 生田さんの不当解雇に反対です 沢村(入ってすぐの床)
    • 退職願 プロジェクトSUNの停止に反対 柳楽(ボコボコのロッカーの近く)
    • 社内回覧(ユタソフト) どう?このBGMなかなかクールでしょ? byルイーズ(ディスプレイのうしろの壁にピン留めしてある)
    • 現状、プロジェクトSUNのメインテーマは「家族愛」だが社員から異論が出ています(机の上のカラー書類)
    • プロジェクトSUN 再三にわたる仕様の変更によりスケジュール遅延の遅延は不能(壁にピン留め…ただし尾高の家に有ったのと同じヒトガタ)
    • 社内回覧(ユタソフト)生田潮 ディレクターを解任する(PC横のサイドテーブル1の上)
    • 社内回覧(ユタソフト)生田さん、忌引
      休暇のお知らせ 1週間お休みとなります。(サイドテーブル1の下)
    • 社内回覧(ユタソフト)休日出勤手当について社長より重大なお知らせがあります。(壁際の床上)
    • プロジェクトSUN アイテム仕様について要検討 各ステージに1個で、全6個?(名簿のある机の上)
    • 取得アイテム1 ・水のドール 女の子の好きな人形を選定(名簿のある机の右隣)
    • 取得アイテム2 ・森のイヤリング 若葉の軟らかさを表現したい(サイドテーブル2上)
    • 取得アイテム3 ・花のリング 派手すぎない指輪のイメージ(奥の名簿のない机の下)
    • 取得アイテム4 ・水晶のペンダント 大きな水晶を中央に配置する(奥の名簿のない机の上)
    • 取得アイテム5 ・陽だまりのドレス 優しく穏やかなイメージを優先(奥の名簿のない机の真正面の床)
    • 取得アイテム6 ・愛の?????? 詳細未定につき作成保留中(サイドテーブル3上)

社内名簿だけ獲得すれば、ユタソフトから脱出できる。

帰途&B2

  • ユタソフト出口左側のルグレは、最初静止しているが、すぐ歩き出す。この時点での回避方法はあるが、回避したは回避したでエレベーター前で待ちぶせされる。ユタソフトから出てすぐ右の角に避難すれば回避できる。エレベータが閉まるとドアをガンガン叩く
  • ボタンを押したときの主人公の反応↓
    呼び出し→反応なし
    4階→「4階はここだった!」
    3階→「し、閉まらない!?」
    2階→「早く閉まっ…!」
    1階→「ル…ルグレが…!」
    B1階→「ボタンがきかない!?」
    B2階→B2階へ
  • エレベーター下降中は、ボタンだけでなくドア上部のランプもちゃんと下降する
  • エレベータの緊急呼び出しボタン(電話のマーク)は反応無し
  • エレベータを降りた直後のルグレに突っ込んでいっても大丈夫
  • エレベータを下りてしばらくすると、また4Fまで自動的に上がっていく。二度と乗ることは出来ない
  • B2Fにある目立ったモノは、蒸気が漏れないパイプ、蒸気が漏れるパイプ、変電設備、巨大モーター、天井のダクト。
  • 赤ルグレとうまくすれ違った後、行く先を見ていると立ち止まるのでゆっくり後ろから近づくと、後半の某教授以上並のスピードで寄ってきてハグ。
  • 実際のブロードウェイはかなり深くまで階層があるらしい(公式には地下3階まで)
  • 出口の階段は何故か9段×2
  • 最後の出口は押し戸

生田潮邸

  • BGMは蛙、カラス、ひぐらし?の声。かなりの田舎か郊外にあると思われる。相変わらず流れる風の音はしている。あるいは周辺は田んぼと森か。右手に見える森は鎮守の森かも
  • 玄関のドアは外からも開かない(ここでガムテープ剥がしておけばいいのに)
  • 歩く音は土の音らしくぼそぼそ音
  • 左から廻るとトイレとお風呂場の窓が見えるが、主人公が太いのか奥に進めない
  • 入り口の木戸は流石に空くらしい。しかしここまで来ると主人公が手がかりを掴むまでは帰らない鋼の根性持ちの決意で開けようとしない。
  • 辺りを見渡しても木々しかなく、他の家はない。
  • 家をぐるりと回るとガスボンベが倒れているのが見える。
  • 差し押さえの札、札。とても人が住んでいるようには見えない。さらに大山のメールの内容によると現在競売中。

入ってすぐの部屋

  • 中にはいると、生者を感じさせるような鼓動が左右から聞こえてくるような不思議なBGMに
  • ふすまと押し入れに目を向けると、ユタソフトの社員に似たルグレのかなりくっきりした肖像が緑と赤で浮き上がる。右端は髪の長いルイーズ?
  • 掛け軸は水墨画風。電気のヒモは引っ張れない。
  • 実は入ってきたところからまた外に出ることも出来る
  • そのとき主人公は後ろ手にふすまとガラスの二重窓を器用に閉める
  • 外に出て戻ってくると、先ほどの肖像は見えなくなる?

次の部屋

  • 段ボールやちょっとした段差を越えられない極度に足腰の弱い主人公だが、この部屋のちゃぶ台には乗ることが出来る。目線も若干高くなる
  • この部屋の灯りにはあかりひもがない
  • 事件が起きたのは二階なはずなのに、何故かこの部屋にも血が・・・しかし場所をよく見ると天井付近に集中しており、あとでふり返ってみればこれは大量の血痕が二階から染み出してきたものだと考えるのが妥当と思われる。
  • タンスの中には何もないが、開け閉めの音はここだけのオリジナル。

台所

  • 冷蔵庫の中には牛乳しか残っていないと出るが、タッパーしか見当たらず牛乳はない。
    • 牛乳は開いたドア側に立てられている。牛乳の紙パックと一緒に、お茶の紙パックもある?ちなみにタッパは2つ。
  • 電子レンジはかなりの旧式
  • この部屋は畳でないが、それにあわせ歩く音はちゃんと変化する
  • 湯呑みの中にはお茶が残ったまま。
  • 一人分の食器は残っている。
  • 勝手口のドアを開けるアクションは、ドアノブ回しに前後ゆすり。珍しいアクション。ただし風呂場のドアもこのアクション。

玄関

  • 天井には裸電球。しかしスイッチは見あたらない。
  • 音がする前に階段の下の扉を開いても「ひっかく音がしたのに・・・」という
  • ちなみにひっかいている音がしている間も扉を開ける。中には何も見えない。
  • 玄関の靴箱には赤い子供の靴が。大人用の傘が一本ある。
  • トイレの扉をノックするとノックが返される。中には誰かいる?
    • 左右を向いていていると、ちゃんとトイレのある方向から音がしてくる。扉には「TOILET」のプレート。
  • 玄関に近づくと、階段を上る足音
  • 階段に近づくと朋花の叫び声が……
  • ちゃんと靴をを脱いで上がっているのか、玄関のタイルの上を歩くときは、主人公の足音がルグレの音のようになる

階段

  • 階段は十五段。上り下りには不快なギシギシ音。
  • 登り切ると白熱電球が割れる

二階居間

  • ここの長机にも乗れる、そしてここの灯りにも灯りヒモがない。何かの法則性がある?
    • 長机に乗らなくても上の戸を開けることが出来る。主人公の手が長いのか身長が高いのか。
  • 少し進むとハト時計が鳴り、時計が電波時計の時刻合わせのようにグルグルまわる
  • 鳴り終わって指す時間は何故か16:33(DSの時間は17:33)

仏間

  • 鏡台の中にはあさひのクレヨン落書き
  • 線香の煙は揺れているが、ろうそくの炎は揺れていない。
    • 線香の煙は天井まで届いて消えている。ろうそくは火事にならないよう電気タイプの可能性も
    • 線香の種類は日本香堂の商品「青雲」に色遣いが似ている
    • 仏壇には先祖の位牌はなく、ある一人物のものだけに見える
    • 位牌は黒い本位牌。四十九日の法要後は位牌を黒い位牌に変えるとされており、少なくとも供養は済んでいることが見て取れる

子供部屋

  • パソコンはあるがプリンターは見当たらない。
  • パソコンはCRTディスプレイを本体の上に載せるタイプ。フロッピー挿入口のようなものも見られ、初期の IBM/PC か
  • ディスプレイの側面には、拭き残しと思われる血痕が・・・
  • 机の本棚にあるのは、百科事典系のものと、国語っぽい教科書とノート?
  • 机の上には、人物の顔にバッテン。おそらく父親の似顔絵か・・・
  • 主人公が奥の押し入れをが開けるとき、男主人公の場合は「なにかがはさまっているかも」と喋るが、女主人公の場合は「建て付けが悪いのかな。開けづらいな。」と喋る。
  • 机とパソコンの間には入れる。主人公もついにここまでやつれたか。
  • 写真立ての家族の肖像は、床に置いてある状態だとルグレっぽく見える
  • 鼻歌は子供部屋でしか聞こえない
  • 聞いているとだんだんと大声になってくる。回転すると声は押し入れ方向に残る
  • 生田登場時、生田は涎をたらしている(すぐに乾く)

アサヒモードでの生田邸

  • BGMは血の流れ出すような鼓動のようなリズムに、無機質なビープ音が混じっている
  • 目線は主人公よりも低い(キッチンに行くとよく分かる)
  • 玄関を歩く音は、主人公のそれよりも高めの軽いぺたぺたという音
  • すぐに二階に行かず、TVのある部屋に行くと、既に二階から血が染み出ている
  • 二階の裸電球は、元に戻っている
  • 二階の柱時計の時間は、先ほどと変わらず16:33(TSの時間は18:00のまま秒も動かない)
  • 鏡台は開ける事ができないばかりか、メッセージも出ない
  • 仏壇には何故か既に誰かの位牌がある
  • 子供部屋にいる人物から逃げた後、いったん子供部屋に戻ると誰もいない。押し入れは「アカナイヨーッ!」
    • もしかしたら、押入れの中に朋花が入れられているのかも……
  • 湯谷のセリフは「イヒャヒャヒャホウ!」「うう…あさひちゃん…」「う…へ…うへへ!」「うほぉ…うほ…うごほ」の4パターン
  • 湯谷に捕まったときに聞こえる声は、あさひの悲鳴。断末魔といった方がいいのかも知れない。
  • 湯谷は放っておくと追跡してくる場合、立っている場合、目的地に向かうの3パターンがあり、そのすべてが2階で登場する。この動きがルグレの原型になっている可能性も。さらに2F→1Fにテレポートもあるし
    • 実は玄関の湯谷は不動型。じっくり観察できる。左右をキョロキョロしたり、下を向いたりする。
  • 湯谷は一部屋進めば元の部屋には出なくなる
  • 出口には近づくだけで出られる

ミサキホテル 旧道

  • BGMは風洞実験室のようなくぐもった風音。1分くらい聞いていると、恐ろしい唸りに。
  • ふり返っても扉はないが戻れない
  • 空には星、トンネルの入り口の上には木、左右は土木用コンクリートブロックで固められている。
  • トンネルにはいるところで、歩道は極細に。人が歩いて入っていい道路とは思えない
  • DSのゲームタイトルは「アトフツカ」のはずだが、もうほとんど読めない
  • トンネルに入ったところで、足音にエコーがかかりはじめる
  • 等間隔で配電盤のようなものが右側壁についている
  • トンネル内の壁が子供のように見えたり、大きい人の顔に見える場所があるがグラフィック上の問題?
  • トンネル内に出現する尾高は脇を通り過ぎて五歩くらいあるくと突然後ろを向いて早足で追いかけてくる
  • かなり引き離してもトンネルを出て画面が切り替わるまではしつこく追いかけてくる。一度画面を切り替えれば、もういない
  • トンネルを出ると、くぐもった風の音はおさまり、弱風の鈴虫の音に。灌木も見え土手をのぼれそうだがやっぱり無理
  • バス停は初めは綺麗な状態だが、主人公がリコの前を通り過ぎている間に赤く錆付く。
  • バス停の文字は近づく直前にさびるので読み取れなくなる
  • 警備人形は二台あるが、どちらも立たせるための台に据えられている
  • 顔も多少書き込まれているが、テクスチャが荒い分かえって不気味
  • 追いかけてくるリコは黒と黄色縞のバリケードを突き抜けていく(安全第一とは書かれていない)
  • 脇道の前には熊のぬいぐるみと献花が。誰かここで亡くなったのだろうか?
  • 脇道に入ると砂地を歩く音に
  • 交通整理人形は一体は壊れていて、腕は脇道に落ちている。
  • 脇道には小さい地蔵が並んでいる。もしかしたら昔からここは曰くつきなのかもしれない。
    • 地蔵は8体あり、最後の一つが首なし地蔵
    • 最初の方の地蔵と地蔵の間には、地面に何かを埋めたか燃やしたかのような黒い染みが見える
    • よく観察すると、大きなもの、小さなもの、メガネをかけているように見えるものなどさまざま。場所的や数からするとこれらはノロイノゲエムの他の被害者である可能性も。
  • 脇道を歩いていると後ろから聞こえる足音はリコのものだが、藪のなかを歩いているので接触することはない。立ち止まっていれば先に進んでくれるし、行き先で待ちかまえていたりもしない
  • リコを追跡型ルグレにすると脇道に入ってもついてくるが、手前から六番目の地蔵を過ぎたあたりで消えてしまう。
  • 空を見ながら歩くと、星がまたたく。この間進んでいないようだが、ちゃんと前に進んでいる。
  • 旧道の門には「この先立ち入り禁止」の札が。
  • 旧道の門の直前には、電灯にたかる巨大な羽虫の羽音と、電灯自身の音が聞こえる
  • 二番目のトンネルの左右には、竹林らしきモノが広がっている

ミサキホテルへの土トンネル

  • BGMは方向の変わる風音と、水の滴る音。足音は砂を踏む音がこだまする。
  • 一応旧道に戻ることも出来る。
  • トンネル内部の壁に赤い塗料?で「→」が。
  • 測道への扉は通り過ぎると閉じる。
  • ぶら下がりルグレは、無視して先に進もうとするとゲエムオーバー。
  • 測道内には3つの白熱電球。一つめにのみ虫がたかっている。近づくと逃げる。しかしこの虫はどうやって入り込んだのだろうか・・・
  • 土トンネル本道に戻るとしつこくミス・リコ登場。
  • 前を向いて走っていると気がつかないが、このあと後ろから追いかけてくるのはリコではなく、測道の金網を突っ切って出てくる尾高のルグレ。病院の時は金網を突き破る事は出来なかったのに、微速ではあるがルグレの能力も進化している?
  • 尾高の足音は水のあるばしょでもペタペタ音(主人公はバチャバチャ音)
  • 尾高は低速だがずっと追いかけてくる。しかし最後まではついてこれず、金網のところで後ろをふり返るといつまででも見合うことが出来る

ミサキホテル

  • BGMは強風。ホテルの外の風の音がひゅうひゅうと聞こえている
  • ホテルは尾高の部屋のように真っ暗。主人公はあさひからもらった懐中電灯でホテル内を散策することに。
    • ごく普通の大浴場に宿泊部屋。宿としてはあまり特色はない? だとしたら廃業も止むなしか。

フロント

  • 女主人公の場合「こんな…廃墟に…誰もいるわけないじゃない…。」と行った直後に、あざ笑うように女ルグレが登場する
  • 入ってすぐ、倒れた一斗缶と、何かを燃やしたような灰の跡が見える
  • ホテルのドアを開けて戻ることは出来ない
  • 廃業しているのかフロントはめちゃくちゃ。
    • 廃業したにしても人為的に荒らした箇所が多々ある。
  • 立て板だけになった壁。もしかしたら少しは解体作業が行われたのかも知れない。
  • 壊れたテーブル、転がっている丸い背もたれ付きの椅子、また床にガラステーブルのようなものも平たく砕け散っている
  • 天井にはシャンデリアと、何もついていない電灯テーブル
  • ルグレの徘徊をようにまわりこむと、右手にある扉を調べることが出来る。もちろん開かない。
  • フロントのカウンターへ入る扉も、開けようとすることが出来る。

ロビー

  • ロビーには長机と椅子、バーカウンターと足高椅子があるが、いくつかは座席が折れている
  • バーカウンターの中には入る事が出来る。主人公ももう立派な一般人体型だ。
  • 棚にはウイスキーの瓶とワインのボトルが。突き当たりの扉には入ることが出来ないことを表すかのように、そばの長机には取れた取っ手が転がっている
  • 割れた窓から外を見ても、何も見えない。

厨房

  • 厨房に入ると、いったん風の音は収まる。窓際によると、波の寄せ返す音が聞こえる。
  • すぐ左にいるルグレは、扉を戻っても消えない(むしろ扉の方向に向かってくるのが重なって見える)。おそらくこのルグレは足の遅い追跡型?扉で待ち伏せされても、ルグレ越しに扉をあけることができる。
  • いったん廊下まで出ると、厨房の中には誰もいなくなる。
  • 棚には皿、茶碗、割れた皿など
  • この部屋でのみ、歩く音に合わせて食器の揺れる音がする
  • 流し台、ざる、調味料入れなど、病院とは違い水回りにも不浄な点は見られない
  • 傾いた業務用冷蔵庫の下には、入り口にあったのと同じさびた一斗缶。ただしこれは厨房に置いてあって油などを入れてあったものと思われる
  • 天井の調理用換気扇もさび付いている

浴場への廊下

  • 再びBGMが風の音に
  • ロビーへの扉があるが、やはり開けることは出来ない。フロントからの扉も構造的にはこの廊下に続いていたのかも
  • 廊下から確認できるのは男湯だけ。あとで解るが、女湯の入り口は風呂場エリアからの出口。設備は共有しているが入り口はだいぶ違うところにあるようだ。廊下が壊れていなければ近いのかもしれない
  • 天井の照明は蛍光灯だったようで、あまりムードはなさそう

大浴場

  • 棚には衣類用の籠があるが、脱ぎ捨てられた衣類などは見あたらない
  • 男湯の扉は片方壊れているが、シャワーなどの設備はあまり壊れていないようだ(根こそぎ無くなっているものもあるが、破壊された感はない)
  • 鏡も健在なようだが、ルグレが通っても影が映ったりはしないようだ
  • 男湯の湯船にはお湯は入ってはいない。仕切りの上にはT字型のカミソリが置かれている
  • 女湯に入ると、男湯のルグレは消えるようだ。
  • 女湯の湯船は真っ赤に染まっている。主人公が近づくと赤くなるようだ。赤くなるのはやはり女湯だから?他にもシャンプーorリンス、石けん入れ、座椅子、湯桶などが置いてある。
  • 女湯は男湯の二倍近い広さ。顧客満足度とコストの兼ね合いでこういった面積配分になっているホテルは少なくない
  • 男湯にも女湯にも天井に電灯がない代わりに、壁側に丸い照明が付いている。こまかい。
  • 女湯の入り口付近には大きな体重計。
    • ちなみにこの体重計には乗ることが出来る(目線の高さが変わるのでわかる)。…しかし目盛りは動かない。DSで良かったね主人公。

1階客室通路

  • 風呂場エリアから出るとすぐに追ってくるルグレは少し早足。
  • 風呂場もそうだが、客室内は病院のような機械音がする。灯りは付いていないが発電機でも動いているのだろうか?
  • 102で待っているルイーズは、主人公が入ってきてくれるまでけなげに待っている。
  • そういえば廊下を追いかけてきたのは黄色ルグレ。交互に出てきて、しかも通り過ぎればいなくなることから、二人だけで頑張って主人公を追い立てているようだ。
  • 102でゲーム配信後に消えるのは、室内のルグレのみ。廊下のルグレはあいかわらずガタガタやっている。主人公はそれでも開けようとするが(笑)103号室?に一度行って戻ってきてもガタガタやっている。しつこい。
  • 入ってすぐ左のトイレらしい扉は、開けようとすることも出来ない
  • この部屋では、絨毯、畳、木の板の三種類の足音を楽しむことが出来る。
  • TVくらいは流石に回収して金に換えたのかも知れないが、逆にもっと値段の張るはずの金庫は回収されないまま。重たくて輸送費がかかるから?
  • 割れたガラスはいかにも人が通れそうな大きさだが、出ることは出来ない。断崖なのだろうか。
  • ふすまの壊れ方も、サンが見えるなどそれなりにふすまの構造を理解した壊し方をしているようだ
  • 103号室?は、ガラスは割れていないがひびが入っている。なのに102号室より翌波の音が聞こえる。この部屋には寝具があり、マットやふとんがある。
  • この部屋のトイレのドアらしきものからは、ノブが床に転がり落ちている
  • 102号、103号には玄関・部屋とも照明は無いようだ。流石につけ忘れたか?

1階客室通路(その2)

  • 103号を出ると、もう戻る事は出来ない。102号のドア付近が廃材越しにが見えるが、扉をガタガタさせていたルグレの姿は見つけることが出来ない。

1階から2階への階段

  • あさひの落書きあり。
  • なぜかここにベンチの絵。早すぎる大ヒント。TSを開いてもなにもおきない。
  • ここの階段は、7段+2段+8段の変則構造。

2階客室通路

  • 攻略アトフツカより、入れる部屋は203号、204号、208号室に侵入可能。
  • 特定の部屋に入ると通路のルグレが消える。
  • 入ることが出来る部屋にはあさひの落書きがある。
  • 2階の客室は洋間。
  • 1階もそうだったのかも知れないが、客室番号のプレートはそれぞれ違う角度に傾いている
  • 曲がり角には蛍光灯が二本。ケチケチホテルにしては豪華な配置だ。
  • ルグレにはさまれたとき、客室に入らずに3fへの扉に突っ込むことでも回避可能。

203号

  • 中に入ると黄色ルグレがおやすみしていたのか、大きないびきにも聞こえる呼吸音が聞こえるが、すぐに主人公を感知布団をめくるような衣擦れ音をさせながら起き上がる
  • 一度外に出て戻ってくるとルグレはいなくなっている
  • ベッドにはあさひの自画像らしきものが。シーツに直接書かれているので、実際にこの部屋に泊まったか、それか生前この部屋に泊まりたかったのか…まくらは床に落ちている
  • 入り口天井にのみ蛍光灯。ここのトイレのドアノブも壊れている。構造からしてやはり洋間にも客室風呂はないようだ。
  • 窓際の椅子は何故か緑と茶色で二色。ベッドの狭い隙間にも不思議とするっと入り込むことが出来る。

204号

  • 203号を出ると、正面にさっきの黄色ルグレ。
  • 扉にはクレヨンでめちゃくちゃな落書き。実は「ここは安全」という目印なのかも?中にルグレはいない
  • 部屋の中央には家具が積み重なっており、歩きやすい。
  • 部屋を出ようとすると引き戸の裏にあさひの後ろ姿の落書き
  • 入って左手に壊れた客室電話。受話器が取れているが誰かがお客さんごっこでもしたのだろうか?

208号

  • 208号にさしかかると、正面にルグレ登場。
  • 209号くらいまでは捕まらずにドアを試すことが出来る。
  • 208号に入るとあさひの正面姿の落書き
  • 床下は大幅に崩落し、足下は漆黒の闇。室内に侵入することは出来ない。

2階から3階への階段

  • エレベーターは壊れている。しかし、なかを懐中電灯で照らすことは出来る。
  • エレベータードアは2階と3階にあるが、2階の扉は二重になっていることから、エレベーターは二階に逗留したままと思われる

3階通路

  • どの部屋も鍵が掛かっているのか開かない。
  • 結婚式会場のあるフロアということなら、親族や新郎新婦の控え室として使われている部屋かも知れない
  • 上がってきた直後は大部屋のもうひとつの入り口が見えるが、倒れた廃材のようなもので通れない。しかし、床も天井も壊れておらず、どこから持ってこられた物なのかは不明。バランスもかなり不安定そう。

披露宴会場?

  • かなり荒れている。テーブルも椅子もぐちゃぐちゃ。
  • 鹿の頭部の剥製が壁に飾ってある。
  • 窓が他の部屋よりかなり広く、海の眺められる展望レストランだったのではないか
  • 入り口方面から壁際の安全地帯まで行って振り替えると、ルイーズと黄色ルグレがたのしげに追いかけっこをしているように見える
  • 壁際にはレース状のファブリック(布)が吊りかけられている
  • ここにも長机にペアの椅子があるので、奥に結婚式場があるのならここは披露宴会場なのかも知れない

3階通路(2)式場に向かう通路

  • 頑張ればすぐ右にいるルグレをかわして、直前の部屋まで戻ることは出来る。
  • 追ってくるルグレは、突き当たりの角に身を寄せていればかわすことが可能。後ろ向きでいる方がより恐いかも・・・
  • ユタソフトのルグレたちからの逃走劇はこの場面が最後になる

結婚式場

  • TS画面に激しいノイズ。ルグレは見当たらないが……
  • この部屋だけは荒れていない。誰かが迎えに来たときのために、ここだけは綺麗にしておいたのかも・・・
  • 天井のシャンデリアも、副照明もこの部屋だけでは贅沢に配置されている
  • 丸テーブルが4つ。椅子が配置されているのはそのうちひとつけ。
  • ごく普通のスピーチ台。マイクも綺麗な状態で残っている。マイクにはスイッチすら突いている。スピーチ原稿のようなものは見あたらない。ワイヤーは途中で切れており、ワイヤレスタイプのマイクのようだ。
  • ウエディングドレスが飾られてある。ウェディングドレスの種類は、スレンダータイプのノースリーブなものようだ。裾が若干広がっているのでマーメイドタイプかも知れない。
    • 生田夫妻はここで式をあげたのかもしれない。だとしたら来賓者はユタソフト社員に、潮両親?
  • 式場のろうそくの炎は揺れている。このろうそくの炎は、懐中電灯を当てなくても光っている。新郎新婦の席にある燭台は特に豪華で、根本が紅くなっている
  • 「あさひちゃん」であったものの横を通り過ぎるようとすると、どんなに遠くても主人公がふり返って発見する。
  • 明らかに生者ではない口や鼻の状況は、餓死者ならではのものなのかどうかはわからない。エジプトのミイラでさえ、口を閉じていれば銅像と変わらない自然な表情で棺に収められている。しかし、この大きく開いた状態が、ルグレの外見の原型になっているのかもしれない…
  • ゲエム配信後にテーブルの上に絵日記と太陽の落書きが出現する。この日記の最後のページを確認するまでは、この部屋は出ることは出来ない。
    • 絵日記では、父親の生田潮のシャツは居間と同じ青色、母親の朋花はひだまり色のオレンジ、あさひ自身は灰色系のワンピースを着ているように描かれている(灰色は子供が白い服を着ているのを絵で表すときの表現かも)。日付は奇しくも8月7日。てんきは晴れ。この日付が今現在の明日のことではなく4年前の日付、すなわち2004年8月4日のことを指しているのであれば、まさにこのタイミングでしか呪いは解けなかったのかも知れない。
    • 8月4日くらいであれば、会社によっては早いお盆休みを取れる場合も少なくない。生田一家は子供の夏休みと会社のお盆休みという限られたタイミングを見計らって、このミサキホテルにやってきたに違いない。
    • この絵日記が、母の死後に書かれたものであるならば、一度は前向きな気持ちになっていた時期もあったのかも知れない。
    • 絵日記の記述は7歳にしては優秀で、ちいさい「つ」がちゃんと小さかったり。さが「ち」の左右鏡像となるような子供特有の書き方はしていない。ただしこれは「あさひ」が自分の名前でもあったため書き慣れていたからかもしれない
  • ナナシノテエマ「レクイエム」はここでしか聞くことは出来ない。ルグレも現れないし、休憩がてら聞いてみるのもいい。
  • レクイエムのバックグラウンドには、部屋毎のBGMが重なる。ヒュルヒュルとした風の音とミックスされたオルゴールの音は、よりいっそう哀しさを引き立てる。綺麗な状態で聞きたければTSの画面を開けば環境音は消える。

結婚式場、およびホテルからの帰途

  • せっかく浸っているところに披露宴会場で大山からメール。この先どうしようかというところで、安心する内容でもあるが
  • 3階階段に出るところでBGMは元に戻り、生還の演出とともに扉が開くが…
  • 土トンネルを少し進んだところで大山からまたメール。
  • 測道に入るまでの道では、大山の待機している姿はうかがうことはできない
  • 帰りの測道では、白熱電球にたかっていた虫の姿が見えなくなっている
  • 測道の中で大山から三通目のメール。
  • 旧道までの道でTSを開くと、あさひもルグレもいないはずなのに、ノイズが…
  • 赤い矢印のあたりまで近づくと、ノイズはかなり激しくなる
  • ここまで来て中断すると、再開グラフィックは旧道のものに戻っている
  • 走ってくる大山はあまりに速いので、動作が遅いと扉を開けてから主人公の視点に重なってくることがある
  • 13回目のゲエム配信の後はリコ追撃モードの音楽になり、環境音は聞こえなくなる。このBGMは主人公が絶望的な状況にありながらも、前に進むしか道が残されていないときにかかるようだ。ちなみに大山ルグレは追ってきていないのでご安心を。
  • 測道を出て再び旧道方面をうかがっても、大山ルグレの姿は見つけられない。既に回収済みか?
  • 日付が変わり、大山PCからのメールで次の目的地が定まるとBGMは元に戻る。
  • メールを読み終わった場所はちょうど七支崎灯台行きの通路の前。
  • 金網付きの扉をくぐると、二度目の生還演出。

七支崎灯台 外部

  • BGMは大きく打ち寄せる波の音。見上げると綺麗な星空。綺麗な夜明けになりそうだ。
  • 七支御崎は七つの崎があることで有名と言うが、日本で7つの御崎があったのは品川近辺。大崎にその名前の名残が残る。
  • また瀬戸内海の伯方島には文字そのままの「七つの崎」があることがあるサイトに書かれている。あの有名な「伯方の塩」の「はかた」だ。
  • 入り口の金網は、もはや戻る意志すらないのか主人公は開けようともしない
  • 灯台への道の左右は、グラフィック上は短いが深めな草むら。主人公が歩くと石像を引きずるようなゴロゴロという音がする。
  • 灯台の灯りは正面からは7つ見える
  • 近づくと姿を現すあさひちゃん。しゃがみ込み指で何かを描いている(遊んでいる?○か◎?)あるいは三途の川の河原の石を積み上げるかのような、移動させる動作。
  • TSには姿が見える前からノイズが入っている。
  • どの向き、どの角度からでもパンチラは拝めない……悔しいです。
  • あさひは近づくと指を動かすのを止め顔を少し上げ首をかしげる、さらに近づくと立ち上がる。
  • ムービーでのあさひのルグレ顔には、鼻の穴もあるように見えなくもない
  • 姿が消えるとTSからもノイズが聞こえる
  • 灯台の名前などを示すプレートなどは見あたらない

七支崎灯台 中部

  • BGMは強風と波の音。
  • 中に入ると、螺旋階段を駆け上がるような足音が、右から左、左から右へと動きながら小さくなっていく
  • 階段側でない出口は、鍵がかかっているため出られない。主人公が明示的に鍵の有無を述べることはここくらい?
  • 手すりは割と綺麗なようだ。
  • すぐに階段をかけあがれば最初の窓くらいまでは足音が聞こえる
  • あさひが登場するのは、一つめの窓を過ぎたあたりから。そこまではダッシュで上ってOK。
  • あさひちゃんが現れるのは7回。その後飛び降り死=4で「ナナシ」を意識しているのかも。
  • 姿が現れている状態だと、TSに激しいノイズ。姿が見えればノイズは0。
  • 3回目の登場は、頑張れば内閣内側を通って横を通り抜けられそう?
  • あさひに接触したときは、ルグレのような抱きつき演出はなく、無音で即ゲエムオーバーに。
  • 主に主人公の方を向いて登場するあさひだが、最後から二番目のあさひだけは、灯台の外側方向を向いている
  • 扉はやけに錆付いている。開閉のたびにブランコのようなきしむ音がする。
  • 天井を見上げると、片面だけのライトがゆっくりとまわっている(5秒に1回程度)
    • ちなみにどの灯台を見ているかが解るように、灯台毎に点滅の間隔、すなわち回転速度は決まっている。
    • ライトの周辺にはメンテナンス用、もしくは転落防止用の金網が
  • 階段は186段ある。
  • ここまで上っても居住スペースのようなものはないことから、無人灯台と思われる
  • 窓は内側からもちゃんと三カ所見あたる

七支崎灯台 展望台

  • 主人公がきっちり扉を開け閉めすると、扉がきしむ音はしなくなる。ただ波の音だけが主人公とあさひを包む。波があぶく立つ音も時折混じる。
  • 灯台外部もそれなりにさび付いているが、それほどでもない。定期的に塗装し直されているか、扉だけが特にさびやすい素材なのかも知れない
  • ライトが最大の太さで遠方を照らすのが見える
  • 主人公が来るまで決して飛び降りないあさひちゃん。疲れない?その体制。
    • 離れているとたくしあげ、近寄るとスカートを整えるところがいじらしい。
    • 例のごとく、黒塗りでパンチラは拝めない。もしかしたら履いていないのかもしれない。
  • あさひがいるのは、ちょうど扉の真後ろ。右から行っても左から行っても後ろ向きに歩いても同じように背中から飛び降りる。ただし右回りか左回りかで、転落を目撃する視点はそれぞれ歩いてきた方向に変わる。
  • 灯台を出たところは小ノイズ、姿が見えると大ノイズ、飛び降りた後はノイズ無し

散歩道

  • BGMは緊迫モード。ノロイノゲエム内でも継続する。
  • TSを開いているとき、TSの時間は動いているが、カウントダウンのタイムは止まっているようだ。
  • 散歩道の両脇には、岸壁が見える。散歩道はずいぶん海に突き出した状態のようだ。
  • タッチすると出てくる各ルグレは、接触しなければ独自のルートを徘徊。例えばリコの後ろ姿を見るのもここなら余裕だ。しかし見守っているとあっという間に時間切れ。
  • リコの石像だけ足まで見えている。
  • 主人公の死が近いのかTS画面の主人公の顔が紫色をしている。
  • 振り替えると、灯台のライトのビームは変わらずあたりを照らしている
  • この小道でも、石像状態の時はノイズなし、タッチするとノイズが発生するなど TS の状態は徹底している
  • ただし湯谷と会話が終了した時点では、TSにノイズが入り始める
  • 湯谷の石像だけ血まみれ。
  • 湯谷のみ、ルグレ状態は現れない。やはり、あさひは駒として利用することすら嫌なようだ。
  • あさひが視界に大きくおさまっていれば、ベンチの後ろからTSを開いても、ゲエムに入ることが出来る。逆に視界に入っていなければどんなに近くてもTSのゲームが緑色のアクティブ状態にならない
  • あさひのつむじは見つけられない。豊かな髪のようだ。
  • ベンチの左側には、ゲエムには描かれていない浅瀬があり、少しだけそちら方向に歩くことも出来る
  • 岬の先端では、大きく波が打ち寄せ、引き込まれそうに引いていく
  • 生田の歩く音はカツカツ音。意外としっかりした足取り。
  • GOOD END のムービーで、あさひの足下に咲いているのは、南都線で出口を表していたあの花によく似ている。ゲエムのベンチ周辺にも、しっかり咲いている。
  • 生田のヒゲはますます濃くなっているようだ
  • 主人公が「続きは…どうなるんですか?このゲーム」と聞くのに対し、生田は「やはり…作るべきなのかな…」と答える。ここだけ聞くと、続編を期待させるやりとりだ。
  • EDの画面は、下画面タッチで抜けられる
  • この小ネタ集を埋めるために一週間以上かけたが、DSの時間で一週間以内に解くなくても GOOD ED は見られるようだ。

大山研究室関連

  • 南都大学 社会学部 現代社会学科 准教授 大山法基 35歳
    • 実在する大学で、「社会学部 現代社会学科」があるのは奈良大学
  • 大山研究室のドアは引き戸式ではなく、開閉式
  • 大山の椅子はけっこうきしむ
  • 一応部屋には空調があるようだ
  • 大山の部屋は添削中のレジュメなどで散らかっていて、椅子にも荷物が載っており座れる場所もない
  • 大山は無精ひげ
  • 大山は室内をスリッパで移動
  • 大山はいっちょまえにタバコも吸う(ときに深くくわえ込む)
  • アトイツカで大山の言う「まだ明治の時分、旧いものと新しいものがせめぎあいつつも混ざり合おうとしてきた時代なら・・・」というのは、明治維新の頃西洋科学が重視され、気功など東洋科学は廃れはじめた時期であることを指していると思われる。
  • 大山のリクツでは、過去の怪談のような心霊現象は、都市伝説として姿を変え、現在に受け継がれているらしい
  • 大山はアトヨッカで絶対に自らルグレに近づくなと主人公に言っておきながら・・・
  • 大山はアトヨッカで灯台の話を「脱線」として取り上げようとしており、実は事件の真相に感づいていながらある体験をするまでは知らないそぶりをしている可能性も考えられる
  • 大山のユタソフト直前に来るメールから、大山は Wikipedia の内容を鵜呑みする人物だということがわかる。
  • アトミッカで大山が社員を列挙するときも、順番は「ユ ル サ ナ イ」。大山はやはり最終段階のようだ。
  • アトフツカで大山に促されることでめくれる絵日記は、左方向にしかめくれない
  • 12回目のゲーム配信で、大山はフェードインして登場する。大厩が自らの身をもって”領域”を横断した瞬間が観察できる。それが呪を受けることととひきかえに初めて成立したのかどうかは、体験した大山にしかわからないが…
  • このとき最初は主人公のことをくん付けするが、2回目以降は王様が勇者を呼ぶかのごとく呼び捨て。「さあ!○○! さきに すすむんだ!
  • 式場帰りの披露宴会場でのメールでは、またくんづけに戻っている。尾高の部屋を廻りつつこの時間帯に片田舎に来れるということは、生意気も大山は車を持っているようだ
  • 「いいいいいい」の「い」の数は全部で9個
  • 散歩道でルグレ化したときも、胸ポケットにはペンが、首からは怪しげなペンダントを下げたまま
  • ゲエムにとりこまれたとき、大山はちょっと言葉がなまる。「だがね ようやく わかったよ。」と言えばいいところを、大山は「だがね ようやっと わかったよ。」と言う。さらに続けて「このゲームにとりこまれることで ようやっとね…。」と続くから本格的だ。
  • しかし大山は最後に、わけもわからずこのゲエムに取り込まれ石像になった人たちに、主人公が散歩道を移動している間にこのゲームが何のためのものだったのか、いくたあさひが何を憎んでいるのかを影ながらゲーム内で伝え廻ることを宣言する。これが他の登場人物があさひのことについてばかり語る理由のひとつと言えるのかも知れない。

主人公関連

  • 8/2、主人公は警察から取り調べ(事情聴取)を受ける
  • 8/3から、主人公は夏期休暇
  • 主人公の発見した尾高の遺体は、病院に行っている8/3に警視庁から消えている
  • 主人公がホテルからの帰途で大山を見つけるとき、大山は准教授なはずなのに「大山教授…。」と口にしている。准教授の場合は「大山先生」くらいが適当だ。指導教官ではないかも知れないので仕方ないかも知れないが。

TS関連

  • TSのゲーム配信通知は、アラームとバイブレーション(バイブレーションはイヤホンをしていないと聞こえないかも)
  • 主人公のTSのシステムカラーは使用しているDSのものと同じ
  • 初回・2回目配信時は、ゲームタイトルが「アトナノカ」、タイトル画面の選択肢が「ハジメカラ」
  • ゲーム内のキャラのセリフは、Bボタンで早く表示出来る
  • 水神様に人形を捧げる日は「満月の夜」
  • 儀式の列で喋るのは5人だけ
  • 3回目にリコのTSにゲームが配信されたときはゲームタイトルは読めない。タイトル画面の選択肢は「ツヅキカラ
  • リコのTSのシステムカラーはオレンジ
  • リコの髪型は、TS内ではポニーテール
  • 4回目配信、無限ループのステージでは、一度でも間違うと最初に戻される
  • 慈急総合病院突入時、ゲームタイトルは「アトイツカ
  • リトライの場合、実際は中断ポイントを通った後に読んだメールも、再開後は既読扱いになっている
  • 6回目の配信(病院内での)、はなのさきみだれるまちフレイヤでは、上に乗れるベッドは一つだけ(夜になる前も)
  • フレイヤの教会の神父は、二マスにまたがって立っている
  • トモカのセリフのあと、ゲーム内のあさひが登場するときは、ルグレ登場時と同じノイズがリアルタイムで入る
  • 花嫁(婿)に話しかける前に教会横の墓に行っても「はなのリング」は取ることが出来る
  • 花嫁(婿)は悲鳴を上げて倒れたが、誰かに襲われたというわけではないようだ
  • 花嫁(婿)に話しかけなくても、宿に直行して休むことが出来る
  • 花嫁(婿)に話しかけたときは「へんじが ない」ではなく「いきを していない」
  • 先に扉を開けていても、宿屋の店員は「扉の閉まっている部屋だけが空いている」と言う
  • 追ってくるのが花婿だと「ゆるさない」、花嫁だと「にがさない」。とくに花嫁の場合、「にがすものか!」と急に口調も変わるのでかなりコワい。
  • 7回目の配信で沢山出てくる石像は、院長の日誌の内容からするとどうやら病院の職員?
    • そうなるとノロイノゲエムの主な被害者は開発関係者、病院関係者、時を経て主人公達と大きく三つに分けられるのかも?
  • リコのセリフが進むにつれ、ノイズがどんどん大きくなる
  • 大山研究室での配信、ゲームタイトルは「アトヨッカ
  • 8回目の配信では、大山との会話を聞いていたかのように、これから訪れる会社の開発関係者が勢揃い、あとはゲームを遊んでしまった子供達がいる(呪い殺されてはいない?)
  • 9回目の配信では、全員に話しかけると石像が動き出す…(デバッグモードで、エンディングチェックに「いいえ」と答える必要がある)。自分の台座を中心に動く。石像がいないときに台座に乗ることは出来ない
  • 四人全員に話しかけたあとは、誰に話しかけてもデバックモードに入ってエンディングチェックを開始できる
  • EDを見る限り、ノロイノゲエムの元になったゲームの制作に関わった人数は25人。スペシャルサンクスの人数を除くと、15~20名程度がコアメンバー?(詳しくは「クレジット」を参照)
  • 10回目の配信、タイトルは「アトミッカ」と思われるが、ほとんど読めない
  • 言うまでもないが、10回目の配信の舞台は生田家に似ている
  • 10回目配信のゲーム内では、呪いモードでなくてもあさひのセリフはカタカナ書き
  • 「ヤダ ヤダ ヤダ」の所は、体ごと左右に顔をブンブン振っている
  • セリフに「ユルサナイ」が登場。「ヤクソクヤブッタラ ユルサナイカラネ パパノコト!」
  • 操作できるようになった直後に2Fに行くと、ベッドに吸い寄せられないので、夜でも「ひだまりのドレス」を取ることが出来る
  • 2日目になった直後、なぜかあさひは風呂場で操作可能になる。
  • 11回目の配信、あさひが外出から帰ってきたときは、TSゲームだが唯一生音で風の音がし、アサヒモードでの階層に繋がる
  • 12回目の配信で、アサヒルグレに捕まるのは、隣接した場合ではなく1.5ドットの距離。
  • あいのティアラのある近くにいるあさひだけは、像がぶれていない
  • 13回目の配信で式場の外を見ると、12回目の配信で追い詰められていた人たちはまだ健在である。
  • 13回目のゲエムでのあさひの退場の仕方は、RPGの表現的には死亡、消滅を意味する点滅→消滅である。呪いが浅かったのなら、ここでゲエムは終わっていたはずである。
  • 14回目のゲエムでは、聞く順番によって聞けない台詞が出てくる(最後に聞く人物のセリフが最後のセリフに上書きされるため)。そのためここではセリフ内容をすべて書き出しておく。
    • 教会を出てすぐ右の老人「マダ アイツハ イキテイル! アタシヤ ママハ シンダノニ…!」
    • 教会を出てすぐのテーブルの男「ジブンガ タスカリタイダケデショ? ドウセ アナタモ…!
    • 左上の部屋の老人「ユルセナイ…! アタシヤ ママヨリ ゲエムを エランダ アイツヲ…!」
    • 左中の部屋の若者「カワイソウダケド ニゲラレナイ アナタモネ…!」
    • 中列左上の部屋の若者「マダ アキラメナイノ? コレイジョウ クルシミタイノ!?」
    • 左下の部屋の老人「ママノ ウラミハ アタシガ ハラシテアゲナクチャ…!」
    • 中列左下の部屋の老人「ママモ アイツヲ ニクンデル! ダカラ アタシモ ユルサナイ…!」
    • 出口の男性「ニゲルコトハ デキナイ… ココカラモ…! ゲエムカラモ…!」
    • 中列右下の男性「コンナ ゲエムヲ ツクッタ ヒトハ ミンナ アタシガ コロシテアゲタ…!」
    • 中列右上の男性「ゲエムナンカ アソブ ヒトハ ミンナ ユルセナイ…!」
    • 最後のセリフ「ゼッタイニ ユルサナイ… アイツモ… ゲエムモ…! アナタモネ…!!」
  • 話しかけるとあさひの姿になることに表されるように、内容はすべてあさひの気持ちの代弁。ウインドウはドラゴンクエストシリーズでは死を示す赤燈色。
  • サイゴノヒもはやりゲームタイトルは読めない。書かれてあるとすれば「サイゴノヒ」だが…尾高も最後の日にはこのようなタイトルを目にしていたのだろうか
  • 15回目以降の配信では、タイトル画面はない
  • 15回目以降…すなわち岬での配信では、すぐにAボタンを押さなければ実は画面内を歩き回ることが出来る。大山での配信の時に、湯谷の石像や岬のベンチまで歩いていくことも可能。しつこく捜せば何か見つかりそうな広さ。もちろんマップは散歩道に酷似している。
  • 今の配信に関係ない石像に話しかけると「…。」あさひにすら話しかけることも出来るが、やはり「…。」
  • 最後の SELECT ボタンを押すと、キャンセルしてTSを閉じることはできない(光量調整などは出来る)。
  • 最終配信では、ゲーム内であさひの立っている場所は、重要アイテムのある場所に近い事が多いので、GOOD END のためのヒントなのかも知れない
  • 結婚式場のマップで出るあさひの家族の絵はでは、あさひの服装は白。ホテルの机はあさひが倒れていた場所のものと酷似。机の上にはバナナやリンゴ、オレンジなどのフルーツがどっさり。
  • 次のマップで出てくる絵は、灯台と波だけではなく、太陽やヨットやカニ、雲や岬の緑の様子が描かれている
  • ヴァルナのマップで出てくる絵は、色とりどりの花火だが、朋花の来ている服が緑。灯台であさひを見た日とは別のときか、前日の夜かも知れない。
  • 朋花のセリフだけは、Bボタンで飛ばすことがデキナイヨーッ!
  • 呪いが解けたとき、ゲーム内でのあさひの服装の色は生田潮と同じ青色。
  • EDのゲーム画像
    • 幸せな結婚式
    • 二人だけの新居
    • 愛子(まなご)の誕生
    • 家族で観光(石像の森)
    • 家族で旅行(温泉地?)
    • 岬で朝日を眺める家族

全TS

  • 尾高のTS・・・ボディーカラーは青
  • リコのTS・・・ボディーカラーは赤
  • 主人公のTS・・・ボディーカラーは白
  • 大山のTS(=ある被害者<ホーキ>のTSとして紹介される)

TS時刻一覧

  • 初回TS配信時刻 2008/8/1 13:29
  • 大学屋外に出た直後 2008/8/1 14:07
  • 操作マニュアルメール配信 2008/8/1 14:10
  • 2回目TS配信時刻 2008/8/1 13:53
  • 3回目TS配信時刻 2008/8/2 14:18(南都線内、リコのTS)
  • 4回目TS配信時刻 2008/8/2 14:29(南都線4号車内、リコのTS)
  • 慈急総合病院 2008/8/3 22:49
  • 大山からのメール「送信テスト」 2008/8/3 22:49
  • 5回目TS配信時刻 2008/8/3 23:01
    • ※ゲームは配信されない。ベンチのグラフィックにノイズ
  • 6回目TS配信時刻 2008/8/3 23:01 ← ※時間が全然進んでない
  • 大山からのメール「新情報入手」 2008/8/3 23:21 ← ※ここでTSの時間も進む
  • 大山からのメール「カルテ」 2008/8/3 23:44
  • 7回目TS配信時刻 2008/8/3 23:56
  • 8回目TS配信時刻 2008/8/4 15:05(大山研究室にて)
  • 中野ブロードウェイセンター 2008/8/4 21:06
  • 大山からのメール「ユタソフト」 2008/8/4 21:06
  • 中野ブロードウェイセンター2F 2008/8/4 21:22
  • 大山からのメール「アポイント完了」 2008/8/4 21:22
  • 中野ブロードウェイセンター3F 2008/8/4 21:22 ← ※主人公瞬間移動中
  • 大山からのメール「タイトル」 2008/8/4 21:39
  • 中野ブロードウェイセンター4F 2008/8/4 21:39
  • 大山からのメール「緊急連絡」 2008/8/4 21:54
  • ユタソフト突入時 2008/8/4 22:01
  • 9回目TS配信時刻 2008/8/4 22:01(ユタソフトにて)
  • 大山からのメール「倒産の理由」 2008/8/4 22:15
  • 中野ブロードウェイセンターB2F 2008/8/4 22:15
  • 生田家到着 2008/8/5 17:20
  • 大山からのメール「生田氏の自宅」 2008/8/5 17:20
  • 10回目TS配信時刻 2008/8/5 17:33(生田邸にて)
  • 11回目TS配信時刻 2008/8/5 17:41(生田邸にて)
  • 過去の生田家 2008/8/5 18:00 ← ※SELECTを押したときだけ主人公に戻る?秒数は進まないので気絶中か
  • 旧道到着時刻 2008/8/6 20:31
  • 大山からのメール「生田氏雑感」 2008/8/6 20:31
  • 大山からのメール「移動中」 2008/8/6 21:02
  • ホテル到着時刻 2008/8/6 21:47
  • 12回目TS配信時刻 2008/8/6 22:06(102号室にて) ← ※ホテル内でははじめて時間が進む
  • 13回目TS配信時刻 2008/8/6 23:15(結婚式場にて)
  • 大山からのメール「遅れてすまない」 2008/8/6 23:19
  • 大山からのメール「トンネルの」 2008/8/6 23:43
  • 大山からのメール「寒い」 2008/8/6 23:55 ← いいいいいいいいい
  • 14回目TS配信時刻 2008/8/6 23:57(土トンネル測道にて)
  • 大山PCからのメール「無事か?」 2008/8/7 00:00
  • 東大到着時刻 2008/8/7 1:33 ← ※主人公が深夜午前に活動するのは最初で最後
  • 散歩道到着 2008/8/7 4:51 ← ※灯台の上り下りだけで、3時間強の時間が経過している
  • ユタソフトのメンバーと会話終了時 2008/8/7 4:52
  • 湯谷と会話終了時 2008/8/7 4:53
  • あさひからのメール「     」 2008/8/7 5:00 ← ※GOOD EDのときのみ

通信履歴

※呪いのゲームの送受信履歴ではなく、電子メールヘッダのように経由した箇所を記録したものと思われる。もちろん経由した利用者は感染の可能性が高い。

<オダカ>

  • 1518544.ts.jp
  • 249.ts.jp
  • iwasei.ts.jp
  • jiq-sogo.ts.jp(慈急総合病院)
  • matsu.ts.jp
  • rikoriko.ts.jp(リコ)
  • saka-a.ts.jp
  • se1ro.ts.jp

<ホーキ>

  • 1518544.ts.jp
  • a-tomoya.ts.jp
  • jiq-sogo.ts.jp(慈急総合病院)
  • kuwa.ts.jp
  • kyuon-ko.ts.jp
  • s-masay.ts.jp
  • tetsuzy.ts.jp
  • t-taka.ts.jp

<主人公>

  • 249.ts.jp
  • f-odaka.ts.jp(オダカ)
  • hemmy.ts.jp
  • jiq-sogo.ts.jp(慈急総合病院)
  • key.ts.jp
  • oka-pyon.ts.jp
  • rikoriko.ts.jp(リコ)
  • ten.ts.jp

その他

  • ポォズすると、音が小さくなるが、完全には消えない

コメント(ご自由にどうぞ)

Show recent 10 comments. Go to the comment page.


広告に関するプライバシーポリシー

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 30 Jul 2013 03:28:17 HAST (2298d)